謹賀新年

カテゴリー:

皆様あけましておめでとうございます。

旧年中はこうした拙文ですが、多くの方々にお読みいただき心より御礼申し上げます。

ろくでもない勉強など何もしていない流通業者が蔓延しており、適正な価格で上質なモノをお買い求めいただけるよう、今年も色々と警鐘を鳴らして行きたいと思います。

本来考えられる価格の何倍もの値を付けて値引きをするという商法は、室町の大手のろくでもない問屋が仕掛けているようですが、それに乗る店の方に責任があるのは間違いありません。

少し買うふりをすると、どんどん値引きをしてくるというのは、本来おかしい話で、いつも半額などにすればまともな経営をしているところなら倒産してしまいます。

大阪には嘘泣きまでして買わせるようなところもあるようで、お気を付けになってください。

それにしても産地状況は深刻ですし、いわゆる上物の生産は一段と絞られていますので、そういうものに出会う確率は益々小さくなるかもしれません。

最近はリサイクルでも、とてもいいものが出てくるようになって驚きます。

自分が一切キモノを着ないからといって処分される方が多いのは残念至極な話ですが、
中にはもう二度と作れないようなものもあって、目が効けば、他人の着ていたものでも構わないのなら、リサイクル店にそうした掘り出し物が並んでいることもあります。

ただ問題は寸法が合わないことがほとんどですので、やはり自分の寸法に合わせてお召しになることです。もちろん長襦袢も同様です。

せめて身丈と裄の長さだけは自分で知っていただきたいのですが、知らなくても必ずその場で測ってもらって、気に入ったキモノがあったらそれが自分の寸法に仕立て替えができるかを聞いてください。

ひどい店は計り方さえ知らなかったり、嘘を平気でつくところもあってご注意ください。

またその仕立て替えの価格があまり高いところもありますが、それはその仕立て代で儲けようとしているところです。おかしいなと思ったらその場ですぐに決めないで、色々調べてみてください。

キモノをもっと自由に着ようと言って奇妙奇天烈なキモノを提案しておるところもありますが、お好きにされればいいですが、私はやはり確立された正しい着姿でお召しになるのが一番だと思っております。

今年もより多くの方々がキモノをお召し頂けるようお手伝いをさせて頂きますので、お分かりにならないことがあれば、ご来店いただくか、メールなどで直接お尋ねください。

ただハンドル名でのお問い合わせはお断りします。

今年も皆様方がお元気にお過ごし頂きますことを心より念じております。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/1728

コメントする

月別 アーカイブ