一生呉服人

カテゴリー:

最後のご奉仕の会の案内をさせていただいたところ次々ご予約を頂いており有難いことでございます。
泰三のキモノがなくなってしまうと言うことからおいでいただいているわけですが、お誂えなら今ならまだまだ品質の高いもの作りは出来るだろうと思っていますので、ご要望あればお申し付けください。
過去の作品は全て写真取りしてございますので、それをみておっしゃっていただければ、作ることは出来ます。

この業界の諸情勢に鑑みてみると、私は完全引退は出来そうにありません。
ネットで大きな口を叩いている輩は、まさに安物思考で、マーケティングがまったく間違っているような気がします。
結局先を読むときに、どうしても自分の価値観と経験で考えがちで、10万以下の安物しか売れないなどと思っている輩には、本当はそんなもの買いたくも無いと思っておられるほとんど大多数の声が聞こえてこないのです。
彼らはとりあえず安いもので底辺需要を増やしていけば、だんだんより良い物を買い上がってくれるだろう、そうすれば今の産地も活性化していくだろうというまさに妄想にとりつかれていて全く目が覚めません。
今の産地状況は待ったなしに危機的なのです。
産地振興のためには、まずは作っていけるという基本的な条件が整っていなければなりませんが、安物屋が悠長なことを言っている間も、仕事は減り続け、職人さんの高齢化だけで無く廃業が続きます。
今本当に必要なことは本物を買いたいという声が大きいのに、それをどこで見られるのか、あるいは教えてもらえるのかという流通の不透明感の排除なのです。
いつまでたっても初心者を騙してはとんでもない値で買わそうと言うような着付け教室やチェーン店の店外催事などの下品な商いが続くかぎり、産地振興などは夢のまた夢です。

正しい知識や文化力を備えた売り手がいなければ、キモノ初心者は何をどんなときに着ていけば良いのかという基本さえ知らないうちに毒牙に掛かってつまらないものをローンで買う羽目になってしまいます。

そうならないよう私もこうした手段で警鐘を鳴らし続けていくつもりです。

いつになったら真に消費者目線で商えるようになるのでしょうかね。結託している問屋もどうしようもない存在ですし、まあいつかは消えていくかも知れませんね。

ただ以前からずっと申し上げているとおり、自分でもやはり勉強をしていただきたいとつくづく思います。

過日通常国会の初日に通称きもの議連という集まりがキモノを着て記念撮影していますが、ほとんどが貸し衣装で着付けをして貰うのですが、着付師によって、とても衿を抜いた水商売まがいの着付けを散見しましたし、天皇がおいでになる日には相応しくないようなキモノを平気できている輩もいました。

晴れと褻の席の区別はお洒落の基本ですが、キモノのことを全く知らないような女性国会議員も数多くて嘆かわしいかぎりです。

国民の代表たるもににはそれなりに相応しい教養を身につけて欲しいと私は個人的に思っていますし、そういう意味ではこの国は今最低最悪だと思います。嘆かわしいかぎりですが、ものを知らないから恥ずかしい格好をしても気が付かないわけで、これを恥知らずと言います、

自ら勉強することがまずは基本です。よく知る人に学ぶ、真似ぶ事が大事です。

これからもお分かりにならないことがあれば遠慮無くお尋ねください。
ただその場合はアドレスを記していただきますようお願いいたします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/1732

コメント(1) | コメントする

記事を拝見して、インフレターゲット未達の今だから出来る案を思い付きました。
日銀のオペレーション対象に着物を追加すれば一気に解決です。
(ケチャップよりも日本らしくて良くないですか?)

短期:産地振興・職人さんの収入が安定
中期:デフレを脱却し、買取リスクを取る真面目な経営で儲け易くなる
長期:消費者の所得が上がり、良い物を求める人が増加

アベノミクスなんて生温い! キモノミクスです!!
きもの議連の方々にマクロ経済のレクをする所からですね(笑)

コメントする

月別 アーカイブ