2018年2月アーカイブ

また一つ

カテゴリー:
銀座からまた1軒呉服屋がなくなりました。 かつて銀座は高級呉服専門店が軒を並べる街で、全国でも有名なピカイチの店が覇を競っていたものです。そしてそれぞれの店の好みが高級呉服業界をリードしていたものです。 今はないK、T、Sなどなど、あり得ないことですが破産しました。 倒産しないまでも店を閉めてビルの上で細々と営業しているところもあります。 そしてこのたび閉めるSチェ-ン店の銀座
私が店を閉めると言うことを公言してから、多くの方にお見え頂いていますし、ご予約を頂戴しています。 初めておいでになる方々も多く、泰三のキモノを一枚でも持っていたいと言ってお買い頂くには、本当に作り手冥利に尽きます。 何時も申し上げるとおり、上質で上品なもの作りに徹して来たことは正しかったと思っていますし、これからもそういう声は大きいでしょう。 買われるお客様の身になって、どんな

お陰様で18周年

カテゴリー:
2月9日は実は開店記念日でして、満17年となり今日から18周年に入ります。 21世紀の初めの年に開店し、平成も終わろうという時に閉店をしようかと言うのも何かの縁かも知れません。 店を始めた頃はまだまだそれなりのもの作りが出来ていたのですが、17年経って私の予想より早く、良い物ほど作れない環境となって来ました。 もの作りを取り巻く環境が大きく変わったこともありますし、原因は色々で

一人しかいない

カテゴリー:
私どもが蘇州との技のコラボを始めてもう40年以上になるのですが、向こうの刺繍の糸の品質が悪いのと、色見本を出しても絶対同じ色に出来ないと言うより、中国風に染まるので原色に近く、上品な色が出ません。 そのため当初からこちらで刺繍糸を染めて、指示書と共に送っています。 ですから向こうの職人さんは支持されたとおりに縫えば良いようになっていますので、ほぼ間違いなくこちらの思った通りのも
1

月別 アーカイブ