また一つ

カテゴリー:

銀座からまた1軒呉服屋がなくなりました。

かつて銀座は高級呉服専門店が軒を並べる街で、全国でも有名なピカイチの店が覇を競っていたものです。そしてそれぞれの店の好みが高級呉服業界をリードしていたものです。
今はないK、T、Sなどなど、あり得ないことですが破産しました。
倒産しないまでも店を閉めてビルの上で細々と営業しているところもあります。

そしてこのたび閉めるSチェ-ン店の銀座店は、元来上野が創業地ですが、銀座店も最も歴史のある支店で、かつては高級なものも販売していましたし、当社の振袖も扱っていたものですが、今はただの安物屋チェーンで、銀座で安物で勝負するなど本末転倒だと思っていたのですが、色々な事情もあって長い歴史に幕を下ろしました。

今はこうした老舗に変って、新興の呉服店が次々と出てきますが、みんな同じような紬や作家ものなどを売る店ばかり、つまり人の褌で相撲を取るだけで、その店のオリジナルやセンスを感じるものはほぼ皆無です。

そして今銀座で多いのはリサイクルとレンタルの店です。
レンタルはホステス用が多いようですが、リサイクル店が銀座に出てきたときには驚きました。

まあブランドバッグの買い取りや等もあるので同じ事ですが、かつての銀座の面影はほぼ皆無と言うことです。

高級フォーマルを売る呉服店が銀座の老舗でしたが、唯一私の店がそうだったかも知れませんので、閉店は申し訳ないようにも思いますが致し方有りません。

黒留袖、色留袖、振袖の御用事のある方は今のうちに是非おいで頂きたいですね。

もう無くなってしまいます。

京都のえり善の銀座店が今では一番古く、かつ良心的な商いをされていますので、是非1度覗いて見られてはいかがかとは思います。

銀座から古き良き時代の痕跡が次々と消えていく寂しさをつくづく感じるこの頃です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/1737

コメントする

月別 アーカイブ