改めて人材育成の重要さを感じます

カテゴリー:

過日のデパートにテナントで入っている悉皆業者のレベルの低さはどうしようもありませんが、デパートはその加工賃の倍も取るのですから呆れます。

催事経費は全額問屋払い、買い取りはほぼゼロ、まともに売れる社員も育てていないと言うことでは、お客が可哀想です。

ろくでもない人間国宝などというものをとんでもない値でかわされたり、まさに高級呉服の世界はお先真っ暗です。

もっともっと良い物が世の中にあっても買い取りも出来ないデパートの仕入れ方など勉強もほぼしていませんし、何も知りません。

一番見やすいデパートに本当に良い物が並んでいるならいいのですが、催事経費を出さないところとはつきあいませんし、まあ今のサラリーマンの経営では絶望的にレベルは下がっていくことでしょう。いったい誰のためにだれのおかげで飯が食えているのかよくよく考えて欲しいモノです。

子供に教えるように言わないと分からないのかも知れませんが、買い手良し、売り手良し、世間良しの三方良しの精神がない商いは間違いなく廃れます。

富裕層対象の店外催事がないとやっていけないという既成概念のようなモノを持っているサラリーマンには呆れかえりますな。

店内売り場の活性化をなぜ真剣に考えないのでしょうかね。店外の料亭で問屋に金出させて、値引きまでして売る輩の様を見ると、絶望的な思いです。

本当にお客のキモノライフを正しく面倒を見るまともな販売員を育てて行かねばなりません。単に商品知識だけでなく、日本伝統文化の素養を獲得することが大切です。

売り手がしっかりしないと、作り手も育ちません。

ろくでもないものばかり作るところは、結局売り手からの情報が来ないので、何を作って良いのか分からず、また価格的にも、よほど安いモノしか売れないと勝手にゆかたの出来底無いのキモノばかりつくるようなことになっています。

教養の無い自分のレベルで考えるとそんなことになってしまうのです。

売り手も作り手も、もっとキモノがどんなときに着られるのか考えるべきで、当然ながら、茶道、華道、香道、歌舞伎や能の鑑賞など、自らも実践して素養を身につけないと真に良い物は作れませんし売れません。

真面目な専門店で後継者がいないところも多いので、実質廃業状態のところも数多く、作り手も高齢化と後継者難と言うことですから、人材育成はまさに至難の業です。

最盛期のたった2、3%にまで落ちこんだこんな業界に優秀な人材が集まるわけもなく、私がいつも言うようにニート解消のプランとして厚労省でも考えてくれれば良いのですが、この間会った厚労省の役人にもそんな話しましたが、物作りのことなど何も知りませんから全く理解できないようでした。
役人には日本伝統文化への教養など無いにも等しいので期待も出来ません。

要はもっと今以上にまともなキモノが売れることに尽きるのです。

より高いものを売ろうというのではなく、仕立て上がり50万円前後で買えるような綺麗なキモノがもっと数が売れてくれれば、白生地産地にも良い影響が有ると思うのですがね。

そのためにも流通の短絡化は不可欠な問題でしょう。
リスクを張らないところに繁栄などあり得ないのです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/1743

コメントする

月別 アーカイブ