仕立て直しや染み抜きなどをどうするか

カテゴリー:

先日デパートの呉服売り場の悉皆部の話を投稿しましたが、彼らは単なるテナント業者で、デパートはほぼその半分の上がりを取ると言うだけの存在です(情けない話ですが)。
ですからどうしても一人あたりの加工単価を上げようとして、少しぐらいの浸みくらいでも丸洗いしましょうなどと提案します。しかもドライクリーニングなど愚の骨頂です。
丸洗いは基本的に水で行いますし、よほどのことでしかいたしません。
人から貰ったキモノを仕立て替えするとかの時以外はそんなにするモノでもありません。
本当は仕立てを解いてやるのですが、そのままでドライクリーニングなど掛けるととんでもないことになりかねません。
業者の無知か何か分かりませんが、少しぐらいのお直しに丸洗いと言われた時点でその業者に頼むのはよした方が良いと思います。勿論真面目な業者の社員もいて色々教えてくれる人もいるでしょうから、どんな加工をするのかしっかり確認してから仕事に出してください。
かつては出入りの呉服屋さんとか、町中に悉皆屋さんという存在がありましたが、ほぼ皆無の現在、そうしたお直しをどこに頼むかというのは大きな問題になっています。
私どもでもお引き受けしてきましたが、基本的に専門店は他所で買われたものは受け付けないところも多いので、ネットで注文を取っているような業者に頼むことも多いのでしょう。
ただこれも色々技量に差があるところが多く問題も多いようです。
そういう業者の中で私がお薦めするのが
「きものおたすけくらぶ」http://www.kimono-otasuke.com/
と言う一般消費者向けのサイトを開いて注文を取っている丸富と言う会社です。
私のFB友達でも有り飲み友達の富田さんが経営されています。
種々の総合加工に対応できるなかで質の高い仕事をすると自他共に認めるところです。
お困りのことがあれば相談されればいかがでしょうか。泰三の紹介だと一言添えられれば良いと思います。
これから益々こうした仕事の需要が増えると思いますが、中には信じられないような仕事をするところも少なくありませんので、信頼出来るところを早く探されることです。
是非1度お仕事依頼されてはいかがでしょうか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/1744

コメントする

月別 アーカイブ