本当にするべきことは

カテゴリー:

3月末には京都に帰りましたが、4月のはじめは京都の問屋筋では一年で一番大事な展示会を催すところが多く、全国のデパートが専門店が上洛します。

しかし近年何時もそうですが、ただただ見て回るだけで、リスクを張って買い取りをするところは本当に少ないというのが現実です。

委託で、つまり貸すことでした商えない、しかもどうかすると自分で交通費など諸経費持ってt地方の専門店の展示会に売りに行くのです。

そんな状況でたいした仕事も出来ない専門店が理不尽な値付けをしているのを見ると、真面目な商いや物作りをしている者は嫌気がさし、益々やり甲斐を無くしていくことでしょう。

知恵を出し、金を出し、汗をかいてつくリあげた作品を、もっとも努力しない者が一番儲かる等という構造は如何にも理に適いませんし筋が通りません。

なぜこういうことになるかというと、結局小売価格を問屋が決められないからです。

一部小物や、特定の製造問屋では同じモノをたくさん作る場合、小売価格設定をして、取引条件に応じて個々に卸価格を決めると言うことをしているところもありますが、一点しかないものは、いくらで売るかは、売る方の自由というような慣習が続いてきたことに問題があります。
かつては買い取りがほとんどでしたから、買ったものがいくらで売るかは売る側の自由だと言うことでしたし、まあそれが当然とされていました。

しかし今は委託商いですから、本来価格決定権は問屋やメーカーにあるべきなのです。

私がアンテナショップを開設したのはそうした思いを実現するためでした。

流通段階での付加価値の配分があまりにも、一番リスクを張らない者に偏っているということが、この業界が疲弊し、モノ作りの質が落ちてきた大きな原因です。

如何にしてそれを公正公平なモノにするかと言うことが今問われているのだろうと思いますが、旧態依然とした取引環境を打破する勇気が作り手にあるのかというと、なかなかそうでもないようで、情けない思いをします。

ただ少なくとも金払いが悪いような不良な流通業者は次々忌避されています。
ですからまだまだ倒産予備運の会社も少なくないと思います。

作り手を尊重しなければ商いは出来ないと言うことをよくよく思い知るべきでしょう。

ポリエステルの機械染めの様なモノばかりが伸びていますが、多分ほとんどがレンタル業者向けのものです。
レンタルでなくて買いたいと思う人もまだまだ少なくないのです。

奇を衒わない上質で上品でそんなに柄が重くなくスッキリした飽きの来ない綺麗なキモノというのが一つのトレンドでしょう。それがリーズナブルな価格で買えれば、特に都市部では需要を掘り起こせると私は見ています。
浴衣の出来そこないのようなキモノを作っているようでは先人からの職人の技は守れません。
これからこのキモノ業界で飯を食う人には一段と勉強して頂いて感性を磨き、消費者の動向を良く探り、本物志向の物作りをされることを期待しています。

真の消費者目線のマーケティングがこの業界はほぼゼロにも近いのですが、如何にして集客するか、いかにして売りつけるかなどつまらないテクニックばかり考えないで、消費者が素敵だと思うものを揃えることこそが、一番するべき当たり前のことなどだと思い至ってほしいものです。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/1745

コメントする

月別 アーカイブ