消費者セール

カテゴリー:,

過日書いた店外催事と同じようなものなのですが、消費者セールという業界用語があります。
これは基本的に問屋が会場を設営し、取引のある小売屋やデパートにお客を連れて来てもらって販売するものです。

小売店自らがその会場で販売する者もいますが、派遣の女性任せで横から見ているだけという情けないところも少なくありません。

キモノを買うという目的だけではなかなか集客できないから、歌舞伎や料亭、観光などに招待という付録がついている場合が多いのです。
まあ結局はお客が払わされているような価格設定になっているものが多いのですがね。

普段地方の小売店やデパートにはろくでもないモノしか置いていないから、そういうときの方がましなモノがあるということはまんざら嘘ではありません。

買取をしない小売り屋、デパートに新しい上物が並ぶことはありません。リスクを張って欲しいと言ってもそんな恐ろしいことを言ってくれるな等というようなことを言う小売店も多く、どうしようもない業界に成り下がり、デパートの社員などは無能のくせに問屋に上から目線の輩が多いのです。

私なら怒鳴りつけてやりますがね。

しばらく買い手市場でしたが、これからは潤沢に品物を提供できるかどうかがカギですので、問屋に偉そうにするところなどスポイルされますな。それに気が付かないようなアホには言ってやらないと分かりません。

ところでこうした消費者セールは会場設営費や色々な経費も場所によっては相当大きなものとなることもあるのと、前払いで払わなければなりませんので、やればやるほど自分の首を絞めることになりかねません。

ある老舗問屋が毎月のように開催しているという話を聞くと、まさに断末魔的様相だとしか思えません。
そうでもしないと売れないと言いますが、そうではなく売れるものを作っていないということだと思いますね。より多くの消費者の声を聞こうとしないような企業に未来はありません。
こんな売り方をしないでも、お客様が本当に買いたいと思わせるものを置くことができれば、いわゆる店売りで十二分に経営できると信じています。
現に私が続けてこれたのはそうだったからではないでしょうか。

消費者セールで買うと言ってサービスだけ供与しながらクーリングオフする猛者もおられるようですが、どちらにしろ本来の売り方からはドンドン逸脱しているようにしか思えません。
独自の個性ある品ぞろえを訴えていくこと、店としての個性、オリジナリティの確立が生き残るすべです。
そのために自分の感性を磨き個性を確立するための勉強を続けることが基本であり、私自身もこの年となっても美術館や画廊を覗いて啓発されています。

キモノ業界に携わるものが自ら向上することこそが消費者のためであり、キモノ文化の維持継承の源となるのではないでしょうか。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/1755

コメントする

月別 アーカイブ