今がチャンスかも

カテゴリー:

京都に帰ってくるなり、ある帯の問屋が夜逃げをしたとか、どこどこは危ないらしいとか、本社を売って家で仕事をする同業者の話だとか、まあとりあえずネガティヴな話ばかりを聞きます。
実際この1年ほどキモノ業界の低迷は深刻で、最近は催事をしても集客が極めて少なく、消費者セールも経費倒れの所も多いようです。

地元の銀行でもそうした事態を受けて、キモノ業界にはかなり厳しい目を向けており、出来れば去って行きたいという風潮がうかがえます。
かつて京都最高の業界が、今やはっきり言えば最低の状況です。
隔世の思いではありますが、市場全体を見渡せば、キモノを着たい、着る人は増えているし、満足できるモノがあれば買いたいという人も増えているだろうというのは私が銀座での小売りという最前線の立場で感じることです。

銀座はある意味便利なところですし、全国から人が集まり易く、当店でも北は北海道、南は沖縄まで広く色々なところから来店されています。

ですから地方の色々な情報も聞くことが出来ますが、要は買いたいというものを置いている店が無い、店外催事はつまらないものがとんでもなく高いから行かないと、消費者が買いと思っているのに、それに答えることの出来ない商いに終始しているところがいかに多いかと言うことです。

しかもドンドン廃業も増えていますし、そうしたところと取引している問屋の悩みも深く、前向きな話をするところがほとんどありません。

商売の形態には色々あり、最近はBtoB だとかBtoCだとかアルファベットで物を言うコンサルタントのような輩が多いのですが、従来からの卸業はBtoBということです。

私のやってきたことはBtoCと言うことになります。ダイレクトマーケティングを敢行することで当社は生き延びてきましたが、どちらの形が最適なのかと言うことは、その企業体質にもよることで、一概には言えません。

ただ生産数がドンドン縮小し、また専門店、デパートも減少している超構造不況状態では、直接消費者に向かう商いはかなり有効であることは身をもって証明してきました。

キモノ文化は絶対消滅はしませんが、その質は今のままでは確実に低下し、技も消えていきます。

消費者は決して低品質な物は望んでいません。ポリエステル等を高く買いたいとは決して思ってもしません。

上質で上品な物を正しい知識と共にリーズナブルな価格で求めたいと言う極めて常識的な購買意欲を持つ人が大半で、かつ増えているという現実に即した販売業者が増えていくことを望みたいです。

京都に帰ると厭世観がただよいますが、決して諦めることは無いと思います。

既成概念を見直し、自社にとって何が出来るのかを考え、最適な流通環境を再構築できれば必ずチャンスはあります。

キモノを買いたいと思うっているお客様は数え切れなく存在していると思って前進すれば道は開けます。

迷える作り手二も色々アドバイスを差し上げたいと思うこの頃です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/1762

コメントする

月別 アーカイブ