また銀座の店が閉まった

カテゴリー:

キモノ業界はここのところかなりの苦境を脱しきれず、何となく静かな状況です。

地方都市では廃業する専門店もかなり増えているようですし、このままではいつもいうように欲しいものを売っているという店がなくて需要が下がる一方となり、それがまた生産を落とすというデフレスパイラルから脱せないまま、現場から去る人がどんどん増えていくことになります。

そんな状況の中で先月末で銀座の呉服専門店がまた1つ閉店しました。

ここはある地方の呉服屋が2年前に銀座店として進出してきたのですが、結局3年も持たないで閉店しました。

場所が銀座の端の端だったこと、いきなりとても大きな店を立ち上げたので、家賃も半端でなく、業者間では絶対に続かないだろうと噂をしていたのですが、案の定でした。

売っているものも作家モノだとか、その辺の店で売っているようなものばかりでしたし、正しい知識も無いようでした。

どうして最初は小さな店構えから始めなかったのかと思います。銀座に店があると言うクレジットが欲しかったのかどうかは別にして、欲をかかないでこつこつやっていたら
まだ続いていたと思うのですがね。

開店に当たって買い取りしたキモノや帯を問屋に返品したとかろくでもない話が聞こえてきますし、当たり前のことを出来ないところが欲で始めたのか、まあ続くわけもなかったのです。

しかし2年間でもどんな店かも知らないで買った人もいるわけで、そのお客様に迷惑を掛けることになるのはとんでもない話です。

噂ではもう一度出店し直したいと画策していると言うことですが、心を入れ替えないと無理だと私は思います。

大都市部に販売拠点を持つこと自体は正しい選択だと思いますが、やはりそれなりのリスクはありますし、当然ですが敷金、家賃、店舗工事費などもよくよく考えて無理のない範囲で考えるべきでしょう。

私の店でも最初はお客がないわけですし、最初から大きな経費を掛けないようにしていました。宣伝広告は、当時当社が問屋として卸していた店が銀座にまだ当時存在していたので、余り大々的にすることが出来なかったので、HPを活用して、ネットでの発信を心がけたものです。

店舗に多大な経費を掛けるのではなく、一番大事なことは販売する商品そのものに力を注ぐべきなのです。

どこにでも売っているようなものとか作家ものとかではなく、自らのオリジナルのモノを置くこと、作り出すことを是非して欲しいと思います。

特徴ある商品の有るところに必ず人は集まります。どのように発信するかと言うことは勿論大事ですが、その店に行ったら欲しいモノがある、買いたいモノがある、そんな店作りでないといくら銀座に店を出しても長く続かないと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/1783

コメントする

月別 アーカイブ