来年も開催します

カテゴリー:

先日の第2回「泰三の会」は無事終了いたしましたし、また新たなお客様とのお出会いがありました。
すでに銀座に店が無くても私どもにキモノのことで面倒を見て欲しいとおいでになることは大変光栄でもありますが、その方たちの色々なお話を聞くと、私が常々指摘しているような、ひどい売り方に遭遇され、いったいどこに行けば自分たちが欲しいと思うに出会え、とかつ信頼して買えるかとお尋ねになると、本当に暗澹たる思いをいたしますし、業界人としても大変恥ずかしい思いでおります。

実際私がここなら間違い有りませんと、太鼓判を押せる店というのが私が不明で知らないのかも知れませんが、残念ながらほとんど無いというのが現実です。

呉服店の命は商品と人でしょう(まあ他の物販でも同じですが)が、当然であるべき両方兼ね備えた店というのが私には思い当たらないのです。

それは私が知らないのかも知れませんので、逆にお教え頂きたいと思うのですが、着物を文化として捉え自らもよく勉強し、キモノを着る背景の伝統文化のこともよく知る人というのも、余りで会ったことがありません。
デパートでも近年はむやみに高いですし、モノの価値と値段が釣り合っていないモノが目立ちます。

今回来られたお客様も他所で大変嫌な目に会われて、自分がもっと勉強しなければと思いネットで色々検索しているうちに、このブログにたどり着き、そのことでご縁が生まれたわけですから、やはり情報発信の大切さを改めて実感しております。

初めておいでになってお買い上げ頂くのは私のブログを読んだ結果、私をご信用頂いていると言うことなのだろうと思いますので、責任もまた思いと感じております。

店を閉めることで、暫時廃業隠居の方向に向かうつもりですが、私の大好きなキモノ文化の未来を思うとき、現実には絶望的に物作りの現場は厳しい状況であることは再三再四指摘しているところです。

そうであっても、まだまだ頑張れるよう製作者に作る喜びを与えるためにも売り手の責任は重大です。
ところが今日もある少しは名の知れた染織作家の友人と話したのですが、発注する問屋の見識がとんでもなく低く、安くしろと言うばかりで、その実先では20倍で売られていると言うことですから。アホらしくてやる気も失せます。

実際辞めたくなると言っていました。

キモノを買ったこともない、着たこともない連中がキモノを単なる一商材としてしか見ていないので、本当に呆れかえる値付けや売り方をします。

引き継ぐべき次世代も教養を積むことなく妙に安物思考ですし、とてもバトンタッチが出来ません。

叱咤激励の意味で苦言を呈すると老害などと言われる始末です。余りの教養レベルの低さにこの業界の未来を案ずるのは当然です。

伝統文化での需要はなくなると思っているようです。茶道で着られるキモノを理解できないような輩がキモノ文化を語るという業界です。

まあいくら言っても分からない連中に物を言うことの馬鹿さを感じ、私はこれからも健康なら、まだまだ色々ときものの紹介をして行かねばならないと思っています。

来年からも,2,3ヶ月に1度は銀座東武ホテルでのミニ催事を続け、単に私の作品だけでなく真面目な良い物を作りながらも流通が悪すぎて苦しんでいるような人達の物も随時ご紹介して行きたいモノだと考えております。

これからも遠慮無く何でもお尋ねくださればと思っております。

来年はまず2月初めに開催予定でございます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/1789

コメントする

月別 アーカイブ