丹後の精練場の事情

カテゴリー:

過日、精錬工場の維持の問題を書きましたが、少し訂正があります。

丹後は精練済みの白生地がなかなか上がってこないのは、加工量がどんどん減るので操業日数を減らしているからだと書きましたが、事実は違いました。

丹後の精練工場の職人が昨年の春に一挙に3人辞めたそうなので、それがために1日に精練できる量が激減したのだそうです。

この近年どんどん生産量が減ってきたので、精錬工場もかつてはもう1つあったのですが、今は公的なモノは1つだけで当然ですがみんなそこに持ち込みます。

ここのところ1日の加工量の限界が1000反だったそうです。結構な数字だと思うでしょうが、かつての数量とは比べ物にならないほど少ないのです。

それが3人辞めたことで裁ける量が大きく落ちて、現在は1日500反しか裁けないそうです。

それがために未加工の数量が8000反ほど積み上がっていると言う話です。

単純にそれを捌くだけで2週間は必要ですし、そこにまた新しくあり上がった生地が次々持ち込まれるわけですし、急ぎのものなど全く対応できません。

仮に週5日操業に戻しても、年間操業日が50日くらい増えるだけで、いくら生産が減ったとはいえ、精練がスムースに出来るどころか貯まる一方です。

多分抜本的な解決策を考えているとは思うのですが、結局職人さんの高齢化と後継者不足から来る問題で、どの職種も同様の悩みを抱えています。

まさに困った大問題です。丹後は監督行政府は京都府庁ですから、京都府の伝統産業関係の仕事をしている役人にも真剣にこうした窮状を訴えて欲しいと思いますが、今の府知事も物知らずですし、京都市に対抗してにろくでもないパフォーマンスばかりしています。

伝統産業品を海外に売るための道を付けたりすることには補助金出したり熱心で、それも大事かも知れませんが、生産そのものが出来なくなったら元も子もありません。

もっと地に足着けて、基本を見直してほしいものです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/1805

コメントする

月別 アーカイブ