不調のナショナルチェーン

カテゴリー:

過日ナショナルチェーン店Sの創業者Kさんがお亡くなりになりました。
何と100才でした。

当社はその方に私個人が可愛がっていただいたお陰でしばらくお取引があったのですが、現在の社長に替わってから、経営方針がずいぶん変ってしまい、上物問屋はほぼ全社手を引きました。

キモノを良く知らない社長は、安物も上物も区別が分からず展示会などでは当社のモノもとんでもない扱いを受ける上に呆れ返る倍率で、驚くばかり高価になるので貸すのを辞め、取引を辞退しました。

チェーン展開される以前の専門店だった頃の方がはるかに良い物を扱われていましたし良い客様もおられたと思うのですが、売り上げ至上主義になって全国に店を作り始められてから経営スタイルも変り、伸びていく間は良かったのですが、下がり下がり始めてから打つ手もなくずるずると業績内容が悪化しているようです。

店をたくさん作ると売り上げも増えるでしょうがそれ以上に経費がかさむので、結局ろくでもないキモノや帯を高く売る商いになってしまい、店外催事などで5倍から6倍もの値をつけることになってしまいました。
当初はキモノ愛好家を増やしたいと言う思いで店をたくさん作るのだと言うことでしたが、最初の頃は高度経済成長に乗っていたので、売り上げも順調に伸びていきました。
まあ余り将来のことをよく考えもしないで、フランチャイズにもしないで自店を拡大して行ったのですが、数字が読めていないなと思ったのも頻りでした。

すべての仕入れなど統括を東京でするというセンターキッチン方式でこれも無茶苦茶のマーケティングだと思っていました。地方により売れるきものも違うのに、同じモノで全国展開していったのですが、各都道府県に1軒ならまだしも、同じ軒で数店舗出すと商圏がかぶり始めますし、必ず既存店が落ち始めます。

そうなった時に打つ手が単純でただただ閉店を重ねるばかりですので、売り上げは落ちるばかりで赤字が慢性的に続きます。ビジネスモデルを変えなければならないのですが、貧すりゃ鈍するで、その時間的余裕もなく、今では最盛期の2割以下の店しか残っていません。

ここだけでなく総じてNCのビジネスモデルは何処も同じですから、何処もみんな業績不振ですし、かつて一番大きかった所など惨めな有様でとうとう親会社から他所に売り飛ばされてしました。

親会社からの天下りの超無能社長が連続した結果で当然と言えば当然の帰結です。超構造不況業種に先の読めるような優秀な人材などいるわけもなく、しかも客を騙すような商いを続けてきた報いです。

ただ販売数量は年間通してやはり馬鹿にならないわけで、そこが不調だと言うことだと、産地の生産に大きな影響を与えます。まあある意味キモノ業界の必要悪のような存在だったのです。

もうかつてのような隆盛を取り戻すことは100%不可能ですし、残った店を如何に経営するかということですが、数字だけ追ってきた経営では多分どうしていいのか全く分からないでしょう。
独立採算でそれぞれに個性ある店作りをさせるというのは絶対不可能でしょうし、この先どうなるのか色々取りざたされています。

専門店もデパートも不調ということだと、やはり非常に心配な状況が続きます。脱呉服に動いている問屋やメーカーも散見しますが、今年は特に心配な1年のような気がしております。まあ色々な意味で変わり目なのだろうと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/1818

コメントする

月別 アーカイブ