色無地に金彩加工をすると

カテゴリー:

57558575_2680070972008737_7863553676902662144_o.jpg

写真のものは色無地に金彩加工を施したもので、これで充分に軽めの訪問着としてもお使いいただけます。
あるお客様の色無地をお染めしたのですが、こういうことが出来ますよとこちらからご提案させていただいたわけで、大変喜ばれていました。

この仕事をされた職人さんは京の名工の1人でもあり、金泥、銀泥、野毛切り箔の難しい技法を駆使されています。
残念なことに最近こうした仕事をさせて貰えないと嘆いていますが、当社は直接職人さんに塩とを出して作ると言うことを従来からして参りましたから、この人も当社の好みをよく知っているので、ある程度の音を指示すればこうした仕事を苦もなくしてくれます。

色無地はお好きな生地、お色でお染しますが、染み上がった段階で1度基本的には見て頂くことにしております。ご納得を頂いた上でお仕立てに回します。

御紋もお入れして消費税も込みで22万円で現在お受けしております。

その上にこうした金彩や刺繍などの追加加工も随意にお受けいたします。

模様や柄、そしてご予算に応じてご提案させて頂きますのでお気軽にご相談ください。

どんなキモノをどんなときに着るのが相応しいのかという知識は、その場所のことなどを知らなければ答えられません。

お茶会でも色々ありますし、邦楽の会に出られると言ってもその方の立場や、劇場、その他の背景が見えないと、的確なアドバイスが出来ません。

ですから本来呉服屋はそういうことに通じていなければならないのですが、近年そうした努力をしている人が殆ど無く、お客様も困られると思います。

その点私は若い頃から場数を踏んでいますので、和文化に関してのご相談なら遠慮無くお尋ねください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/1833

コメントする

月別 アーカイブ