御礼

カテゴリー:

第5回の泰三の会もお陰様で忙しくさせていただきました。
ご来場いただいた方々には心より御礼申し上げます。

我々夫婦2人だけで開催しているいわば手作りの会ですし、ご接待もままなりませんが
お許しください。

出来るだけ懇切丁寧に色々ご説明させていただいたりしたいものですからご予約を頂いておりますが、それでも飛び込みの方がおられたりで重なってしまうのは申し訳ありません。

我々は出来るだけ分かりやすい価格設定を心がけていますので、消費税も込みのこれ以上一銭もかからないという価格にさせていただいていますが、業界的にはそういう販売方法はまだまだとられていません。

ある専門店にも提案したのですが、人によって様々だから一律には難しい等という説明でしたが、それなら基本的な仕立てならこうなりますとか、裏地も色々選択肢があってもいいし、要は仕立て上がってどんな姿になるかを分かりやすく説明できる形をとるべきだと思います。
誂え紳士服の世界でも、仕立て代込みの値段ですし、裏地やボタンなどは選択できます。

私が若い時に驚いたのは、ある専門店で紬を買ったときに湯通し代と記されていて、理由は聞いたのですが、元来紬は湯通しして糊を落とさないと仕立てができないわけで、それをなぜ客から取るのかということが理解ができず、結局その分値引きしてもらいましたが、友禅の世界で言えば仕立ての前の湯熨斗のようなもので、工程としてあるべき加工をその分わざわざ請求する感覚が全く理解できません。

いまだにそういうことを続けているのか知りませんが、まさにナンセンスな話だと思っています。

紋を入れるか入れないかとか、ガード加工をするかしないかなどはお客の意志ですが、当然業者がするべき仕事をわざわざ請求するというのは非常に理解しがたく、それなら最初にその価格込みの値で設定したらいいと思いますね。

前例主義の権化のようなこの業界は改悪こそすれ改善などはほとんどありません。

安物を高く売りつける流通への改善など問屋から言ったこともありません。
キモノを好きでもないものが、単に商材としていかにすればだましてでも売れるか儲かるかなどということばかり考えた結果が、他の物販業界では考えられないほどの屑のような流通です。

仕入れ先やメーカーに対しての感謝の念もなく、借りるのが当たり前、いくら高い値を付けようともお構いなしでは、せっかくキモノに興味のある女性が増えても実需は伸びないでしょう。
私の若いころにこんなアコギな商いはありませんでしたし、私もつくづく嫌気がさしてはいるのですが、キモノを愛する人たちの為にももうしばらく健康なら世の為にお役に立てるよう頑張る覚悟でございます。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/1839

コメントする

月別 アーカイブ