ピンチをチャンスに変えよう

カテゴリー:

西陣の糸を扱う業者によると、糸の消費量が前年の2割から3割も落ちていると言うことですが、つまり織屋が帯や織りのキモノの生産を尋常ではないほど抑えていると言うことです。
前で売れていないから仕方が無いのでしょうが、こう言う状況が続くと、予想以上に早く廃業が増えて行きます。

方や染めのキモノの方では、チェーン店向きのような中級品以下の製造問屋が次々と廃業し始めています。

NCなど作り手に対する感謝の念など無いに等しいので、こうしたキモノや帯の生産者の苦境は商品集めに苦労することになるでしょう。

所詮委託ばかりのところばかりですので、買うと言って返品するような行儀の悪いところはこれからスポイルされていきます。

取引条件改善などと言う寝とぼけたこと行っていないで、もっとど真剣に作り手と向き合わないと、商品手当に苦労し、行く先は倒産でしょう。

売れていない理由はいつも言うようにとんでもない嘘の塊のような商いを続けてきたことや、専門店の発信不足、リスクを全く張らないので店先に買いたいと思う物がないだとか、消費者にとって何処で買って良いのか分からないというどうしようもない状況ですし、売りが伸びないのも当然でしょう。

ですから私が言い続けているように良い物があれば今のうちにお買いになっておいた方が良いのです。
デパートは最近価値以上に高いですので、値切ってみたらいかがでしょうか。

外商の客を対象にした店外催事では平気で値引きしています。

それを問屋に回すから、問屋も高い値で持ってくるし、高いからといってまた値引きします。商売の心が全く分かっていません。MもTも家訓など無視、創業者の理念などとうの昔に忘れています。ひどいモノです。

商道徳が落ちるところまで落ちている様な状態です。かつて呉服部は出世コースだったんですがね。

しかし色々な意味で売り手がひどくなってきたのなら、作り手や卸業者も、いわゆる流通改革に真剣に手を打たないと、どんどん売り先を失います。

知恵と勇気を出して、真に消費者が求める物を適正価格で、かつ正しい知識を加味して売っていける道を早急に探るべきだと思うのですがね。

私はすでに20年程前に実行しました。買い取りもして貰えないで残っている品物を如何にして自分で売るかと言うことでしたし、文句を付ける小売屋があれば、買って貰えないのだから自分で売って金に変えて再生産してそれを貸しているのだから、それでも文句があるなら取引辞めると言ったら、誰も辞めませんでしたね。

今の様な状況ならモノを作っているところは強いのです。

このままなら在庫リスクをほぼ全て製造側に押し被せてきた報いで、いよいよ作り手の廃業が本格化し始めます。

残ったところには確かに貸してくれと殺到しても、普段から取引も無い者がいきなり貸してくれなど相手にもされません。そんなところをいちいち相手にしていたら在庫がいくらあっても足りませんし、行儀の悪いところは次々淘汰されていくでしょう。

ただ問題は上物、本物を売ってくれるところがどれ程残るかと言うことですが、勇気を持って前に行けばいくらでもお客がいることに気が付くでしょう。

来月の泰三の会にもすでに予約が次々入ってきていますが、店を閉めてもそうしておいでいただくのは有り難いとは言え、既存の専門店にはもっと頑張って貰いたいのです。

いつかはお客様をしかるべきお店に引き継いでいただきたいと考えていても、今の状況では私が責任を持って渡せる店は無いに等しいのが現実です。

もっと真剣に勉強をして貰いたいと言うのが偽らざる心境です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/1844

コメントする

月別 アーカイブ