お盆休みも終わりです

カテゴリー:,

今年のお盆休みは、通年なら16日で終わるところ、17、18日が土日となるため、大方が18日までに休みということで、やや長めの休みとなりました。

旅行や帰省など移動された方々も多かったでしょうが、梅雨寒の後の酷暑到来と、台風上陸など異常気象で往生された方も少なくなかったと思います。

そうした天候のせいもあって、夏物衣料なども格別に今年は売れていないようで、キモノ業界でも浴衣が本当に売れないという嘆き節が聞こえてきます。

季節もの商品は天候に左右されることが多く、浴衣でもあまりに暑い日が続くと着る人も減ります。
夕方になってやや涼しい風でも吹いていると、着てみたいと思われるかもしれませんし、そういう意味で今年は物販には酷な年だったかもしれません。

お盆も終わって秋の到来となるはずですが、残暑があまりに厳しいと今度は秋物の商品が売れないということですし、近年の異常気象はモノづくりの計画を狂わせます。

デパートで売っているような、質の悪い綿やポリステルなどの浴衣ではなく、良質な綿に手捺染で染め上がった浴衣への志向は根強くあるのですが、新品は仕立て代なども入れると結構な値になるので、そういった質の良い物のリサイクル品は人気があるとのことです。

そうした事実に鑑みると、消費者はやはり質の良い物を求めているのですから、新品で良質でリーズナブルなら売れるということだろうと思います。

私が実行した流通改革を成して、低品質のものが高くなるような今の全産業中最悪のカスのような流通構造を改めて消費者が求めているようにすればまだまだ実は捨てたものではないと思っているのですがね。

安物屋ほど嘘をつきろくでもないモノづくりに箔を付けようとしますし、それがまかり通ってしまう情けない世の中ですが、作り手である限りその良心は持ち続けてもらいたいものだと念願しております。

これから先数年がキモノ業界の未来を占うことになるでしょう。

この業界の栄枯盛衰をその渦中にあってずっと見続けて来た私としては非常に興味深いのですが、良い方向に変わるとは思えないのが残念です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/1860

コメントする

月別 アーカイブ