予想通り

カテゴリー:

先日業界のモノづくりをする友人と話をしていたら、彼自身も健康上の大きな問題があったそうですが、その店の作品を作る大事な職人さんもほぼ70歳を超えて、健康を害する人が増え、何人も入院したり退院したり、と思ったらまた違う人が入院したり、要するに加齢による健康障害が大きな問題となってきました。

昔のようにたくさん仕事があれば責任感ややりがいで頑張れるのですが、あまりに仕事が少なく、しかも体調を壊すと、そろそろ仕事を上がろうという人が出てくるのは当然です。

難しい仕事をする気もなくなり、かつてできた仕事を断るとか、質も落ちていますし、各分業制の中で上物を作れる人があまりにも少なくかつ高齢化し後継者が無いというのが当たり前に言われる昨今です。

業者として継ぐ者が仮にあっても作り手がいなくなるのは必至です。
どこまで頑張れるかわかりませんが、今でもそうですがインクジェットでの生産が
当たり前となるので、リサイクル品の方が質の良いものがあるというのがこれまた当たり前になるでしょう。
そうしたことになると私は予想はしていましたが、どんどんそうした動きが加速すると考えられます。

何でこんなことになってしまったのかと今更反省したりあげつらったりしても
意味もないのですが、近年どんな世界でも同じで、反省もせず謝らず、改革もせず、同じことを続けます。

もちろん知恵のある人はそれなりにリスクを貼って独自の世界を構築しようと思っているようですが、極めてそういう人は少なく、断末魔を叫びながら多くの人が消えていくことになるでしょう。

私はずっとずっと以前から人と違った道を歩くことでやりがいを見つけられ、上物の生産を続けて来れ増したし、そのおかげで良いものを価値ある価格で提供でき、いわゆる三方良しを実現でき増したました。苦しかったけれど楽しく仕事をしてこれたし今もそうですが、早くに手を打ったことが奏功しています。

ただ近年日本は明らかに貧乏になってきて文化にお金を投じる、特に男が減り、いつも金儲けしか頭にないような輩が激増し、明らかに社会環境が変わってしまったとしか言いようがなく、この先のものづくりの支えとなるパトロンの存在があるかという不安も増し、
益々生産は細るでしょうが仕方ありません。

まあこの上はどこまでできるかは別にして、楽しんで作ったり売ったりしていければと思っています。
結局わずかな人の思いや力では大きく道を変えることは出来ませんし、なるようにしかならず、その状況を把握しながら変えられることは変えて行くということでしょうか

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/1862

コメントする

月別 アーカイブ