本物の持つ力

カテゴリー:

過日東京で子供たちの前でキモノに親しむという演題で言わば授業をしてきました。

幼稚園児、小学生低学年、高学年と1時間ずつの3コマですが、大人に話すようにはいかないのでどのように進めようか悩みに悩んだのですが、子供たちが興味を持つのは動画や写真でしょうし、何よりも本物のキモノを見せるのが一番だと思い、
幼稚園児には当家にある子供用のキモノ、小学生には泰三の作品をいせるべく用意しました。

大日本蚕糸会が作成したDVDで繭から糸になるまでを説明して、糸からきものになるまで
を業界が作成したDVDを早回ししながら解説しようとしたら、そのDVDが使えない形式だとかでちょっと焦りましたが、以前から使っている画像を刷りだしたもので、かいつまんで説明をし、キモノ一枚がどれほどたくさんの人の手を渡って作られるかを分かってもらえたと思います。

頃合いを見て、実際にキモノを希望者に羽織ってもらうことにしました。
子供たちにはやはりワークショップ形式が理解しやすいだろうと思いますし、
今までの他の授業も、舞、鼓、太鼓、笛、茶道、長唄、三味線などなどのワークショップを取られています。


高学年の子に、泰三の最高級の振袖を簡易に着付けしてもらったのですが、目が輝き本当に嬉しそうでした。小さな子でもやはりその美しさはわかるのでしょうし、そうした振袖など普段全体見ることもできないし触ることもできないものを着られたという思い出はきっと大人になっても覚えていると信じます。

人の感性に訴える美の力は言葉や文字では説明ができないでしょうし、そうした感性を身に付けるのは、そうしたものに見たり触れたりすることです。

そういう意味でもこの子供たちは親に感謝することでしょう。有料で20回の文化に関わる授業を授けられるのは、きっと大人になったときにとてもいい影響を受けたことに気が付くでしょう。

振り袖姿を周りで見ていた子供たちもみんな綺麗だと感心していましたし、その子供たちにもなにがしかの思い出となってくれればと思います。

文化力を高めるには、もちろん学識があればあるほど良いには違いありませんが、机上の空論と同じで、それだけでは自分の生きた力つまり真の教養とはなりません。

本物に触れる、見るなど現場の力が重要です。
特に美しいものを見ることは大切ですね。

日本伝統文化に対しても小さなうちに色々触れておく大人になっても違和感なくそうしたものに積極的に触れるようになることでしょう。

泰三のキモノが世にいい影響を与えてくれるだろうと、作り手としては当然ですし、期待したいものです。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/1864

コメントする

月別 アーカイブ