きものサローネ

カテゴリー:

キモノお好きな方ならきものサローネというイベントをご存知だと思いますが、毎年10月ごろ日本橋コレドやYUITOを舞台に開催されるのですが、私はいったい何のためにしているのかいつも疑問に思いますし、皆さんにお勧めは積極的にはいたしません。

本来はキモノの啓蒙活動の一環として始まったはずなのですが、手描き友禅などの上質なまともなものの展示が最近無くなってしまい。
何が何だか分からない有様ですし、私は梅垣さんや西陣の知人が組合で出ているので表敬訪問でそこのコーナーだけ行っていましたが、あとは私としては見るべきものもなく、目が腐るので早々に退出しています。
今年は京都にいますので行くことはありませんが、なんと今年から有料になるそうで、
1000円出さないと入場できないそうです。

それと今までは会場費が無料で使わせてもらっていたようですが、来年からはそれができなくなるということで場所が変わるようです。聞いた話では有楽町の国際フォーラムだそうです。

有料になると当然行く人は極端に減るでしょうし、参加企業にも払わせるということで、つまり優待券が無いとのことですから、どうなるのか分かりません。

私はキモノにも当然いろいろあって良いし、インクジェットで制作するのも嘘をつかなければそれはそれでいいでしょうが、所謂本物が展示されないような会に初心者が行っても何の勉強にもなりませんし、真の啓蒙活動にはならないと思います。

本当に良いキモノを消費者が見る機会がどんどん少なくなっている現実に鑑みて、こうした会を有効に活用すれば良いと思っていたのですが、全く違う方向に向かっているので、こんなことを何度やってもキモノの消費が増えることはありません。

キモノがなぜ売れないのかということについて安物志向の連中はキモノは高すぎるから売れないんだとしかいいません。私とは範疇が違うし考え方も下品な連中が多いので付き合いませんが、そこそこ買える人にインクジェットンキモノを薦めても買われません。

たとえ高額でもそれに見合う質と、センスと、売り手の知識やコーディネーターとしての能力があればまだまだキモノは売れると思うのですが、そうした当たり前のことを当たり前にしていれば今のような苦境を迎えることもなかったかもしれません。

結局売れなくなるようなことばかりして消費者の信を失っているところが多く見られますし、売れなければ作れないわけですから、小売店の責任は大きいのです。

知識なき売り手など論外の話ですが、このことを業界あげて何とかしなければ本物は作れなくなっていきます。デパートのバイヤーと称する連中ももっと気合を入れて勉強して、消費者の求める良いものがないか足を棒にして探してほしいし、商品にもっとリスクを持たないと良いものはそろわないでしょう。

問屋を利用することばかり考えている小売店は必ず疲弊していきます。

小売、卸、メーカー そしてエンドユーザーがすべて喜びを共有できるような商いに早く戻ることを老婆心ながら期待しています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/1866

コメントする

月別 アーカイブ