何事にも健康が一番

カテゴリー:

しばらく空いてしまいましたが、実はこの1週間余り入院しておりました。

いつも定期的に胃カメラの検査を東京の病院でしているのですが、5月に検査したときに
初めて、引っ掛かり、7月に再検査をした結果、やっぱり異形細胞があるということでした。
僅か5ミリ程度で本当によく見つかったなと思うのですが、癌かどうかは切ってみないと分からないけれど、仮に良性腫瘍としても3年くらいの間に悪性に変化することはありうるのでせっかく見つかったのだから切除してしまった方が良いと言われ、そうすることにいたしました。
癌の手術というほど大げさなものではなく、内視鏡でスライスするように切り取るという、ESD(内視鏡的下層粘膜剥離術)という処置をするのだそうです。

これは日本で開発された治療法で、近年は早期がんでまだ深く浸潤していないと思われるときはこの処置で切除するのだそうです。

胃を切り取ってつなぎわせるような手術とは全く違うので、医師の世界では治療と称していましたが、ただ切り取るということは傷になるわけですので、出血のリスクを回避するために1週間ほど入院をしなければなりません。

以前なら銀座に店もあって家内も東京に一緒に来ておりましたから問題なかったのですが、
今は基本的に京都で生活していますから、入院となるとそのために家内も来てもらわないといけませんし、何かあった時にも対応ができません。

それで主治医の先生に知り合いの京都にいる医師を紹介してもらったのが、京都大学医学部付属病院、通称京大病院の腫瘍内科の教授だったわけで、結局転院し、再度検査を受けなおしやはりやった方が良いだろうということで今回の事態となりました。

通常月曜入院火曜施術月曜退院という事なのですが、体育の日が重なり一日多く入院し、今日退院の運びとなりました。

おかげで術後の回復も順調ですし、体に負担のない術なので思いの他元気にしております。

人為的に作った胃潰瘍が治れば完治という事で、今しばらくは自重しますが、1か月以内には復帰できる運びです。

入院中に悲喜こもごもの色々なことがありましたが、考えさされることも多く、
今回のことを転機に世のためとなるような後世の生き方を全うしたいものだと改めて思ておりますし、私にとってはキモノ文化の啓蒙啓発、維持継承という締めを全うすることかと思っております。
ただそのためにも健康無くしては何もできませんので一層色々と気を付けて行かねばと思う次第です。

種々物理的な問題が待ち構えておりますが、できる範囲では泰三の作り上げた文化を続けて行ければと改めて自覚してるところであります。

これからも何かお分かりにならないことや疑問に思われること等ございましたら遠慮なくお尋ねください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/1869

コメントする

月別 アーカイブ