嘆き

カテゴリー:,

今年も残すところあと1ヶ月足らずとなり、何時もながらですが時の過ぎゆく早さを痛感するこの頃です。

特に高齢となると1日1日が大切なのですが、何となく時間が過ぎて行くことに悔悟の念を持つこの頃でもあります。

まあ私は稽古事等があるので退屈はしませんし、孫がすぐそばにいてくれて毎日世話は大変とは言うものの戯れて癒されており、この子たちの成長が楽しみでもあり、また家庭教育として色々教えて行かなばならないとも思っていますし、あっという間に時間は過ぎて行きます。

ところである程度予想はされていましたが、キモノ業界の市況は10月、11月と過去最悪の様相で、ものづくりは一段と減退しています。

現実に売れていないわけで、まあ小さくコツコツ商っていたようなところは別にして、ある程度の商いが無いと回って行かないところは必死です。

資産もあって借金も少ないところは、まだ持ちこたえられるでしょうが、財務内容の悪いいわば自転車操業のところは、どんなことをしてでも売れ売れという事で、本来の商いの基本からどんどん離れたとんでもないことをしがちです。

小さな専門店は別にして、売り上げ至上主義の店は近年店外催事での商いが当たり前になっていて、それもとんでもない掛け率で売ろうとするので、従来からも批判があったのですが、それに拍車がかかって、べらぼうな掛け率で値づけをして、それをまたべらぼうな値引きをするという信用構築とは無縁の、どの物販でもやらない史上最低の商いが平気で進行しているのです。

先日あるメーカーの人と話をしていたのですが、そこの品物は質は良いのですが、チェーン店などに問屋経由で流れているので、従来からメーカー出し値の10倍から12倍などと言う呆れる値になっていたのが、最近そうした売り手の焦りなのか、20倍、あるいは30倍もの値入をして、それをまたとんでもない値引きをするという実に下品な商いが当たり前のように横行したり、中にはゼロ一つ取るつまり9割引きまで出ているそうです。

こんな商いが通じるわけもなく、騙されて買っている人がいたところで、その嘘はいずれ見抜かれますし、挙句の果ては倒産への道を歩むでしょう。

現に過日地方のチェーン店がまた倒産しましたし、いわゆるNCも大苦戦をしているので、来年にかけて淘汰されるところが予想されます。

中にはほんのわずかながら業績好調の店がありますが、それはレンタルと写真館併設のビジネスが伸びているところで、物販比率が低いところという事です。

人生の色々な祝い事やシーンを貸し衣装ですまし、写真だけが残るという傾向は今後も益々常態化して行くことでしょうし、抗えません。

まあ仮に買っても捨ててもいというような安価なものへシフトするでしょう。

過日ある女性から卒園式入学式に子供にキモノを着せて袴も着けさせるというのですが、
貸衣装では全部ペラペラのポリエステルだから、絹ものがないのか探してほしいと言われましたが、こういう人は極めてまれで、作り手も貸衣装業者向けのものが主流で、さんざん探しましたが全てポリエステルでした。

絹ものがどうしても欲しいというのなら誂えるしかなく、結構な値になってしまうのです。
これからも、良いものが欲しいとなると誂えるしかなくなり、コストが非常に上がります。それに良い生地もなくなりつつありますし、職人さんも次々上がっていきます。
当社でも2代にわたり、60年以上付き合っていた糸め糊置きの名人職人さんが喜寿ともなり、手も落ちてきて辞めると言ってきました。まあ当方もここのところ潤沢に仕事を出させてもらえなかったという事もありますが、寄る年波には勝てないという事なのでしょう。
こうした人が次々出てくるのは予想に難くなく、手描き友禅の危機はまさに待ったなしの状況となってきました。
しかし市況が回復しなければ打つ手はありませんし、売り手が奮起して良識ある商いに目覚めて欲しいのですがこれまた期待薄です。

これからも続く淘汰の波をどうかいくぐっていくのかということで、まあある意味面白いとも言えますが、我々が良しとして作ってきたものが作れないという悔しさや寂しさはどうしようもありませんね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/1877

コメントする

月別 アーカイブ