2020年6月アーカイブ

御礼

カテゴリー:
このたびの第8回目の泰三の会のご案内をさせて頂いたところ、予約の予定数は埋まり、有り難いことです。 初めての方も何人もお目になりますが、感染者の動向も気になりますので、細心の注意を払いたいと思っております。 作り手としての京都の生産現場は悲惨な状況ですし、そのあおりを受けて白生地の生産地もかつて無い減産に追い込まれています。 こんな状況がまだまだ続くとしたら、私が予想していたよ

深謝

カテゴリー:
前回の投稿で今回の泰三の会の開催場所を打ち間違えていました。 正しくは銀座東武ホテル地下1階 ロジェドールの間です。 元々よく打ち間違えをするのですが、高齢となってその傾向が激しくなり、重々気をつけます。 しかしこうしたブログなどのお陰で新しいお客様との出会いがあったわけで、やはりどんな形でも直接消費者とつながることがこれから特に大切だろうと思います。 京友禅や西陣織の加工現場

第8回泰三の会開催

カテゴリー:
東京の感染者状況がやや気にはなりますが、19日にはすべての業種の休業も終了し、 復帰に向けて活動し始めるわけです。 しかしなかなか元の状態に戻るのには相当時間が掛かるだろうと言われています。 ほぼ3ヶ月の間に人々が体験し良いなと思ったことは、これから徐々に根付いていくことでしょうし、働き方改革もこれを機に大いに進むでしょう。 東京に大きなビルを建てて、周辺の企業も含め真ん中に吸

まさに正念場 愁嘆場

カテゴリー:
感染者の数やその対策もやや東京が心配だったりするものの、日本に関してはほぼ現在いわゆる第1波のピークは過ぎたようで終息に向かっているような情勢です。 しかしこの実質3ヶ月にわたる自粛活動で、経済は想像以上に悪化し、資金繰りに窮し、緊急融資で息を繋いでも先行き不透明ですし、返済の見込みも立たないという者は、特に中小零細あるいは個人営業者で廃業が当然のように増えています。 キモノ業

いよいよ来ましたか

カテゴリー:
あっという間に6月ともなり、キモノも単衣の季節ですね。 ただとても暑い日などはいきなり夏物をお召しになっても普段着なら一向構いません。 平均気温が上がって単衣の活躍する季節が長くなるだろうと思い、実際コロナ騒動がなければ5月から着るつもりで、洒落たお召しを何枚も新調したのですが、お茶の稽古が今月もお休みと言うことでなかなか見せる機会が無くて残念です。 京都は感染者ゼロが続いてい
1

月別 アーカイブ