御礼

カテゴリー:,

第9回泰三の会も無事終了し新しいお客様も含め予定のお客様は全員お見えになりました。

私どものようにすでに店が無い訳ですが、泰三の作品や梅垣さんの帯のファンでいて下さる方々がまだまだおいでになりますし、今しばらくはそうした方々のためにも老骨に鞭打って頑張らねばならないと再認識させて頂きました。

名古屋や関西方面の方々のために京都でも展示会として販売会を開催させて頂こうかなと思案しております。

私や梅垣さんが目指すシンプルかつ華やかな感性を求める方々はまだまだ少なくないと思いますし、迷うことなく今までの感性を貫いていこうと考えています。

フォーマルにきものは全然売れないと言う人がいますが、それは作っているものが、消費者が求めている物とかけ離れているからでしょう。

需要としてはやはり祝いごとに着ていけるキモノが一番なのですが、洒落物の時代だと称して安物ばかりにひた走る輩がいますが、必ず失敗するでしょうね。

かつて程、加工度の重い豪華なきものは売れにくくとも、上品な訪問着代わりになる付け下げなどへの需要は少なくないと思いますが、それが分からない輩は違う物ばかりこしらえるので益々売れないのです。

私は20年前に製造小売りへ舵を切ったのでお客様の声が直接聞こえるのでどんなもの
どんな色をお好みかという事を物作りに反映させることができるのですが、今のオール委託で商う専門店などは、何を作れば売れるかということが分かっていないし、作り手も暗中模索なのです。

作り手と売り手が上手くかみ合っていないので、作り手のリスクばかりが増大し、物が作れなくなってしまいます。自分の仕事に命を掛けるつもりならもっと仕入れリスクを取って自分の好きなものを売るという姿勢にならなければと思いますし、それこそが専門店です。
作り手も自ら小売りをしないと食べていけないなどとよくぼやいて、私を羨ましそうに言いますが、本当にやるなら、それなりの戦術や作戦が要りますし、準備期間が必要です。
結局高級品の世界でSPAを敢行したのは私1人でしたが、20年前にいきなり始めたように思われていますが、その5年くらい前からアンテナショップを東京に出すことは計画していましたし、作り手が生き延びるための方策は確かに製造小売りですから、キモノ業界の諸悪根源の室町の大手問屋をすっ飛ばして流通の短絡化に是非チャレンジして欲しいものです。

私は私事で12月に東京に参りますので、もしかしたら年内最後の展示会を開催する事になるかも知れません。

大分冷え込んできましたのでコロナも心配ですが、お風邪召しませんようにご自愛下さい

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/1926

コメントする

月別 アーカイブ