11月15日はキモノの日

カテゴリー:

随分前から、11月15日はきものの日ということにしようと言うことで
、七五三にご家族の方もキモノを着てくださいという運動をしている団体もあったのですが、肝心のこの日を決めた京都室町の大手問屋は何もしないので、いまいち全国的な広がりになっていません。
今年初めて廉価でのキモノの貸し出しなどが実施されたのですが、キモノを着て京都を歩きたいという願望は以前から観光客にも強くあるので、そのことがどれほどにキモノ振興に役立つか疑問です。
そんなことよりまずは業界人が率先してキモノを着る事でしょう。
キモノを着ない者がキモノを売るなどと言うことがあってはならないと思うのですが。

ところが現実には結構名のある問屋や専門店のトップがキモノを好きで商っているわけではないと嘯いたり、呆れた現実があります。

好きで商っていないからろくでもないものを作ったり流通させていて悲しくなります。

あるいはキモノ着付け教室がとんでもない値で初心者にろくでもないキモノを売りつけたり、およそキモノのファンを作ろうなどとさらさら思っていないことに腹が立ちますが、それが現実です。大体直ぐにローンを組もうというのは大した業者とは言えません。

消費者の可処分所得に合わせた商いをするべきだと思います。
毎年この日には同じ様なことを思い嘆いております。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/1929

コメントする

月別 アーカイブ