大きな価値観の転換点

カテゴリー:,

この間の成人式のレンタル比率が上がっているように、近年特にフォーマルのキモノ需要は殆ど貸し衣装が当り前となりつつあって高級なフォーマル物をお買い求めになる方はまさに爪の先ほどとなって来ました。ただゼロではなく確実に存在するのでそれなりの市場がないわけでもなく、私どももそれこそ今やニッチな市場でお仕事をさせて頂いております。
ただ何時も申し上げるとおりあまりに需要がしぼむと、供給側に色々な問題が起こりいつかは上物の生産が殆ど無くなるのは自明の理です。

近年のキモノは買うもので無く借りるものだという価値観へ移行した代表が叙勲での宮中参内でしょう。かつては一生に1度と言うことでそれなりの色留袖を新調された物ですが、今や叙勲が決まれば直ぐ色留をそれなりの業者に借りる段取りをする始末で、勿論そんな上物があるわけではなく、悲しい思いをします。かつては泰三の色留をお召しになって参内された有名人の奥様方もたくさんおられましたが、今はほとんど注文もなく一種の慣習が変ってしまったのです。

過日キモノをその場で借りて記念撮影をすると言うスタジオを経営する会社の直近の決算が発表になっていましたが売上げの減も大したことなく、営業努力もあって増益です。
つまりキモノを借りるという行為は今や事消費で、所有の喜びを感じる人は爪の先ほどとなってしまいました。

ただホンモノとの出会いを未だに探しておられる方も少なくは無いと信じたいですし
そういう方は是非泰三の作品を見て頂きたいです。

何はともあれ今度のコロナ騒ぎで大きく価値観が変るだろうと予想され本手描き友禅の物作りには一段と厳しい状況が続くでしょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/1937

コメントする

月別 アーカイブ