コラムの最近のブログ記事

残念ながら

カテゴリー:,
私は以前から、文化レベルと政治の話を書いておりますが、現在そういう意味で、日本国 の歴史の中で、政治力が過去最低の世界の恥さらしレベルであることは間違いの無いとこ ろで、総理以下、日本の文化も知らないような屑レベルの男が平気で大きな顔をしていて 税金をふんだくっています。当然ですが文化レベルなど最低に近く、田舎くささがぷんぷんしています。 こんな連中にいくら日本伝統文化の価値や

寂しい思い

カテゴリー:
東京の業界の同世代の知人と久しぶりに会食をして、昔話などをしましたが、全国呉服青年 連合会という組織があって、私は京都のある青年会から、その組織に出向していたので、東 京だけでなく全国の小売や問屋の青年会の人たちとも交流がありました。 当時はキモノ業界もまだまだ隆盛で、その連合会は毎月京都で月始めに種々の情報交換や懇親を深めており、年に一度は各産地持ち回りで全国大会があり、それ

中国との交易

カテゴリー:
1年ぶりに上海に来ております。 京都本社の(株)染の聚楽は先代以来安土桃山時代後期から江戸時代初期の絢爛豪華な衣装をベースにして、華麗な作品作りを手がけており、特に縫箔での表現では他の追随を許さないものと自負しております。 総刺繍のキモノも過去からずっと手がけておりました。 そんなおり、たまたま昭和49年に、機会があってあり中国の刺繍の技の視察に訪れて、その精緻な秀逸な技に出会

紬が売れない?

カテゴリー:
私は若い頃、業界の当時若手のリーダー的存在だったある青年会で活動しておりましたが、その当時の後輩などが、結構みんないい年となって、跡継ぎとして活躍しております。(倒産したり廃業したところの方が多いですが) 当時構築した人的なネットワークが私の財産です。彼らの人間性も知っているので、本当にまじめな人たちだけと今もおつき合いをしております。 そんな中に紬問屋の社長もいますが、過日四

本物の発信

カテゴリー:
11日から今河織物さんの「木屋太」というブランド名で展開されているお洒落なお召しの作品展を開催させていただくのですが、一言にお召しと言っているメーカーの中で、真にお召し緯(右撚り左撚りの超強撚糸)を使っているところは、西陣でもたった2.3軒だと言われています。 他産地の中には、お召しと称してはいても、西陣から見たら足下にも及ばない低品質の糸を使い、かつ甘い織組織なので、お尻のと

本格派のキモノの発信

カテゴリー:
早くも五月となりました。 風薫る五月まさに京都は新緑も美しく、私の好きな季節です。 東京では日本橋コレドで東京キモノショーと名付けて、いわゆる現代のキモノのイベントが開催されています、秋に行われるキモノサローネのメンバーとかぶっているようです。 こうした催しは悪いことではありませんが、これから本当にキモノを買おうと思っておられる方は、こう言うのより、本格的な伝統的なかつ上品なキ

歌舞伎音楽についての講演

カテゴリー:
23日の日曜日の1時から、千駄ヶ谷の国立能楽堂の2階の講堂で、「歌舞伎音楽の魅力を探る」という演題でお話を致します。 これは私の友人でもある京都の舞踊家西川充さんが主宰する、NPO法人京都文化企画室の東京での2回目の研修会という形で開催されるものです。 昨年も私が、京都や、キモノの文化についてお話をさせていただきましたが、今年はもう少し絞り込んでのお話です。 歌舞伎を観る人は近

文化庁京都移転

カテゴリー:
省庁移転など口ほどにもなく、ほとんど何もできないありさまですが、おためごかしに文化庁の京都移転と消費者庁の徳島移転だけが決まっています。 先日京都に先行部隊がやってきて、移転準備に入るようです。 ところが京都府、京都市の行政も来ることだけに舞い上がっていて、いまだにどこの建物の跡を使うのかなど決まっていませんし、もっと問題なのは来ることで京都にとって、日本にとって何がどう変わる

健康一番

カテゴリー:
京都はキモノ業界で言えば一大生産地ですが、ご案内の通り、年々歳々生産は減退の一途で、まさに激減状態となっています。 もちろんそれは消費の減退、販売数量の減少によるものであって、不可抗力とも言えますが、なぜ売れないかということに関しては単なる景気のせいばかりではない業界の事情があります。 それは別にして、生産者側のストレスは半端ではなく、それがためか、最近健康を害している人を散見

諦めない

カテゴリー:
京都に帰ると色々と雑事のほかに物作りの仕事も待っているのでそれなりに忙しく日々が去って行きます。 私にとって、和の仕事は和の環境の中だと、その気になれますので、やはり京都でないと制作意欲はわきません。 職人さんの高齢化などを考えると、本当に過去と同じようにはもうできないところまで来ていますので、私ができるのもそう長くないかもしれません。 ただキモノを着るということに関しては、以
1  2  3  4  5  6

月別 アーカイブ