キモノのについての話の最近のブログ記事

連帯

カテゴリー:
我々のキモノや、西陣織の帯などは、高度に分業されてモノづくりをしていますので、 伝統産業の中でも工程としては大変長く、完成までには多くの人を要します。 最高のものづくりには1から10まで優秀な技の連続がないと完成しませんが、そのラインがだんだんつながり難くなってきたということはいつも指摘している通りで、年を追うごとにその高齢化は進むばかりですし、この先どうなるかは誰しも予想でき

秋になって

カテゴリー:
色々私事で忙しくやや投稿ができませんでしたが、あっという間に酷暑も過ぎ去り朝晩も涼しい風が吹いています。 最近の天候は不安定で、超優秀なコンピューターを持ってしても外すことも多く、特にゲリラ的な豪雨にはキモノを着ていたときには特に困ります。 さて9月も半ばとなり、流石に透けるキモノというのも気恥しく、単衣を着ておりますが、夏物でも今シーズン一度しか袖を通していないものも何枚もあ

絽のキモノ

カテゴリー:
夏のキモノにも色々なものがありますが、これと言った改まった場所に着て行くものはやはり絹の絽の付下げ、訪問着などが相応しいでしょう。 やや軽いものでは絽の小紋があります。 かつては絽の振袖、黒留袖、色留袖なども生産されていましたが、近年ほとんど作られていません。実際絽の白生地の主たる生産地の新潟県の五泉などの統計を見ると、三本路、五本絽などとても生産が落ちています。これにはそれな

麻のキモノ

カテゴリー:
夏のキモノの定番で麻のキモノがあるのですが、昨年買いながらまだ着ていないとても綺麗な色のものがあるのですが、いつデビューさせようかと思案中です。 ところで麻のきものには「ラミー」とか「苧麻」とか「からむし」という言葉が品質表示のところに書いてありますね。これは本来みんな同じ意味なのです。 現在の麻の繊維は大きく分けると、ラミーとリネンです。日本語で苧麻と亜麻です。キモノは苧麻

キモノの右前、左前

カテゴリー:
キモノは右前に着ます。左前に着るのは死んだあとお棺に入れるときだけと言われます。この「前」という表現は、人から見て右側が前にあるという意味では実はありません。 前と言うのは自分から見て手前という意味ですから、右前というのはキモノの右側を先に手前の方にもって来てその上に左側を重ねるという意味です。 ところでこの右前、左前と言うのはいつからそうなったのでしょうか。 現在の着方

キモノの色について

カテゴリー:
近年京都に来られるとお気づきになるでしょうが、若い女性がレンタルキモノで観光している姿が急激に増えています。 中には外人も結構いますが、京都は確かにキモノがニアう街だと思いますし、そのキモノを着ることが浴衣以外の初体験という女性も多いようで、キモノを着る楽しさを感じて頂ければそれはそれで喜ばしいことではあります。 勿論料金が非常に安いせいもあって、材質はポリエステルの機械染めば
以前にもお書きしていますが、キモノにつける紋の話です。 日本には家紋と言って、各家に紋章がありますが、これは世界でも特筆すべき文化です。 欧州では一部の貴族に紋章があっても、一般人にはそうしたものはありません。 家紋のルーツは、公家が好きなデザインを衣裳や身の周りの装飾品などにつけたことに始まりますが、鎌倉時代くらいから、武士が旗指物に敵味方を区別するためのマークを付けたことが

桐紋について

カテゴリー:
先日お得意先で黒留袖を売っていただき紋入れ加工に戻ってきて、大変驚きました。 なんと五七の桐です。 以前にも桐紋のことは解説させていただいたと思いますが、改めて書かせていただきます。 もともと家紋というのは、平安時代の公家が自分の好きな花などを文様化して、着るものや身の周りのものに付けたという事が始まりとされています。 いわばそのお公家さんのアイデンティティですかね。 その後戦

何度も何度も紋の話

カテゴリー:
たまたまかも知れませんが、ここのところ有難いことに黒留袖のお客様が連続してこられます。 息子や娘の婚礼の時にはやっぱり良い黒留袖が着たいと思っておられる方は少なくありません。 ですから色々と店を覗かれたりされたようですが、どこに行っても満足できるものがなかったとおっしゃいます。 実際現在高級な黒留袖というのは一番生産が少なく、ほとんど作られていない状況です。 そんな中でも私は細

お手入れは早い目に

カテゴリー:
6月もあとわずかです。 一応7月からまた夏物の季節です。単衣は9月までお預けです。 これからの2カ月は基本的には袷、単衣共にお召になりませんので、何時ものことですがお手入れをして頂きたいと思います。 汚れは生地の中にその汚れの分子が入り込むと、どんな汚れなのかは別にしてとても落しにくくなるのです。 天然繊維を染めるということは、糸の中に染料の分子が入り込んでいくということです。
1  2  3  4  5  6

月別 アーカイブ