キモノ業界の話の最近のブログ記事

今年のお盆休みは、通年なら16日で終わるところ、17、18日が土日となるため、大方が18日までに休みということで、やや長めの休みとなりました。 旅行や帰省など移動された方々も多かったでしょうが、梅雨寒の後の酷暑到来と、台風上陸など異常気象で往生された方も少なくなかったと思います。 そうした天候のせいもあって、夏物衣料なども格別に今年は売れていないようで、キモノ業界でも浴衣が本当

黒染について 補足

カテゴリー:
前回の投稿でやや舌足らずなところがあり、補足します。 お買いになった黒留袖の色落ちの話でしたが、黒留袖の染方には、引き染でも二つの方法があります。 1つは黒い色の染料をそのまま引くのですが、もう一つは三度黒といって、豆汁を引いた後に、 1度目はログウッドという植物の根から抽出した液を引きます。 2度目はヌワールナフトールという化学薬品を薄めたものを引きます。 3度目には重クロム
来る9月8日、9日の予定しておりました第7回泰三の会を諸般の事情から延期することになりました。 来場予定の方々には大変申し訳なく、心よりお詫び申し上げます。 新しい日時が決定しだいご通知申し上げます。 手描き友禅、西陣織ともに日本を代表する文化ですが、かつて作れていた上質な本物の生産上の危機が足音を立てて近づいています。 京友禅は他産地とコラボすることは出来るのですが、西陣織は

こんな時こそ良いものを

カテゴリー:
キモノ業界は昨年からの天候不順や台風などによる風水害等々の影響もあって、ずっと低迷しており、特に令和になってからの落ち込みがかなり大きいようで、方々から悲鳴が聞こえてきます。 原因も色々あろうかと思いますが、気になるのはリサイクル市場もかつてない落ち込みだということです。 デパートなどでも全般に物販は低調で、対前年をかなり割り込んでいるようです。 こうしたことの原因は何かという
前回投稿した記事に愚かにも第7回の泰三の会の日程を書き忘れました。 大変申し訳ございません。 次回は9月8日(日)、9日(月)という日程で開催いたします。 本当なら土日なのですが、7日に文化公演を依頼されている関係からこんな日程になりました。 消費税は多分間違いなく上がるだろうと思いますので、その直前の催しです。 10月1日以降、キモノ業界も益々製造上のコストも上がりますし、私

続く廃業

カテゴリー:
昨日もあるメーカー問屋廃業の噂を聞きましたが、大体が大手問屋経由でチェーン店向きのものを作っていたところで、当社のものもコピーされたり、節操という言葉を知らないようなところでした。 問屋がここから借りてNCにまた貸しするのですが、大体このメーカーの卸値の10倍が当たり前です。つまりここの卸値が10万だとNCでの店頭価格が100万円になるのです。それではおいそれと売れないから50

ピンチをチャンスに変えよう

カテゴリー:
西陣の糸を扱う業者によると、糸の消費量が前年の2割から3割も落ちていると言うことですが、つまり織屋が帯や織りのキモノの生産を尋常ではないほど抑えていると言うことです。 前で売れていないから仕方が無いのでしょうが、こう言う状況が続くと、予想以上に早く廃業が増えて行きます。 方や染めのキモノの方では、チェーン店向きのような中級品以下の製造問屋が次々と廃業し始めています。 NCなど作

材料枯渇

カテゴリー:
何度も申し上げているように、京友禅や西陣織の生産は底なし沼のように下がり続けていますし、その中でも良質な材料を使い、高度で精緻な技を駆使した本物のモノづくりは極端に減退し、職人さんの高齢化も相まって、この先の道が見えないのですが、もっと心配しなければならないのは、材料難です。 過日、手すき和紙の生産に無くてはならないトロロアオイの生産農家が一挙に5軒来年で作付けを止めるというこ

業界は早夏枯れか

カテゴリー:
先日お世話になっている裏物屋さんに行って話をしてみると、連休以降非常に荷動きが悪いということです。 裏物が売れていないということは表地の売り上げが少ないということですし、昨年の秋以降天候のせいもありますが、対前年を割り込んで相当に苦戦の状況ですが、今年に入って益々悪化しているとのことで、5月も休みが多かったせいもありますが、展示会をしても集客がすくなく、お客様が来られても見るだ

平成時代のキモノ業界

カテゴリー:
5月1日から令和という新しい御代が始まったわけですが、平成時代のキモノ業界のことを振り返ってみたいと思います。 昭和64年1月8日に始まった平成時代でしたが、当時は昭和天皇の服喪期間が終われば周りはバブル経済で、土地が急騰し、担保価値が増したと言うことで延命できたような問屋も1社や2社どころではなく、無能きわまりない都市銀行に乗せられて財テクに走った経営者も数知れず。 私にも父
1  2  3  4  5  6

月別 アーカイブ