キモノ業界の話の最近のブログ記事

不調のナショナルチェーン

カテゴリー:
過日ナショナルチェーン店Sの創業者Kさんがお亡くなりになりました。 何と100才でした。 当社はその方に私個人が可愛がっていただいたお陰でしばらくお取引があったのですが、現在の社長に替わってから、経営方針がずいぶん変ってしまい、上物問屋はほぼ全社手を引きました。 キモノを良く知らない社長は、安物も上物も区別が分からず展示会などでは当社のモノもとんでもない扱いを受ける上に呆れ返る

東京の老舗問屋の廃業

カテゴリー:
先日とても驚く知らせが飛び込んできました。 日本橋で3代にわたり、有名老舗問屋として名のあるHというところが2月末をもって廃業するということでした。 この問屋は主に専門店筋のキモノや帯を扱うところで、東京だけで無く関東一円の専門店や、京都にも支店があるので、近畿圏にも取引している専門店があります。 キモノ業界は20年くらい前からバブル景気以降の後退で、次々と倒産が始まり、日本
第3回の泰三の会もお陰様で忙しい目をさせていただきました。 初めておいでになった方々にも十分なおもてなしをさせていただけず申し訳ありませんでしたがお許しください。 昨年7月末閉店してからすでに半年が過ぎ去りましたが、まだまだ泰三のキモノを見たいとおっしゃる方が多くおられることは大変嬉しく思いますし。これからも見ていただける機会を定期的に持って行こうと思っております。 本当のこと
あっという間に1週間くらいが過ぎてしまいます。 お陰様で2日、3日の会は予約が一杯となりました。 我々夫婦2人でお相手しますし、色々お話しをさせて頂くためにも最低1時間のお時間を1組のお客様に頂戴しておりますので、基本的に予約制とさせて頂いておりますが、これは以前に店のあったときからも同じです。 ホテルの地下ですので通りがかりの人が来られると言うこともありませんので、ゆっくり見

丹後の精練場の事情

カテゴリー:
過日、精錬工場の維持の問題を書きましたが、少し訂正があります。 丹後は精練済みの白生地がなかなか上がってこないのは、加工量がどんどん減るので操業日数を減らしているからだと書きましたが、事実は違いました。 丹後の精練工場の職人が昨年の春に一挙に3人辞めたそうなので、それがために1日に精練できる量が激減したのだそうです。 この近年どんどん生産量が減ってきたので、精錬工場もかつてはも

ただより安いモノはない?

カテゴリー:
ある無料を宣伝文句にしている着付け教室のテレビCMが呆れるようなことを言っていますね。曰くただより安いモノはない。そりゃそうです。本当にただならね。 実態は行かれた方はよくよくお分かりでしょうし、言いふらされているようなことがずっとずっと続いていますので、ことさら今更言いません。 ただ後でしまったと思わないよう、色々な意味でよくよく調べてからにされることをお薦めします。 まあ洗

いよいよ不安です

カテゴリー:
新年明けても何かと忙しくブログのアップがおろそかになっていますがお許しください。 フェースブックでは高橋泰三のアカウントで日記替りに色々なことを書いていますので、ご興味あればご覧下さい。 キモノ業界はいよいよ産地情勢が厳しさを増し、高齢化と相まって廃業が続いています。 先頃白生地の2大生産地丹後と長浜の昨年度の生産統計が発表され、愕然たる思いです。 丹後の生産量が28万反、長浜

今年も始まりました

カテゴリー:
前回の記事で老舗問屋消滅の話を書きましたが、ギリギリ残るようです。ただろくでもない商いをしているので遅かれ早かれ消えていく運命だと思いますがね。 4日は仕事始めで、当社にも古くからのおつきあいのある職人さんが来られますが、最近は車で来る人が多く呑めないので昔のように振る舞い酒というわけにもいきませんね。 まあみんな70才超えて元気だから仕事をして頂けますが、もうあんな仕事は出来

謹賀新年

カテゴリー:
皆様明けましておめでとうございます。 旧年中は多くの方々がお目を通して頂いていたようで嬉しく思っております。 個人的に一昨年の被災した家の解体、それにともなう本家への引っ越し、仕事では 7月末閉店へ向けての長い間に渡るセールなど、まさに公私にわたる多忙な一年を乗り切り、本年は少し違うスタンスで仕事に取り組んでいこうと思っております。 社会は確実に変化していきますし、今年も世界は

年末にあたり

カテゴリー:
27日で2018年の営業は実質終了いたしました。 今年は諸般の事情(主に健康上の問題ですが)により7月末の閉店を予告させて頂いて、2月から閉店セールに入り、閉店日まで数多くのお客様においで頂き、新規のお客様も多く、本当に有り難く改めて心より御礼申しあげます。 ただ小さな店、会社の処理能力を超えた受注が入ったので、納品まで尋常ではないお日にちを頂いており、まことに申し訳なく改めて
1  2  3  4  5  6

月別 アーカイブ