キモノ業界の話の最近のブログ記事

冒険をさせること

カテゴリー:
先日まで付下げの会をしておりましたが、来店された方が全員、こういう本物の上品な綺麗なキモノが欲しかったのに、どこに行ってもないだとかおっしゃいます。 確かに最近のデパートの染のキモノを見ると、色もそうですが、値段もやたら高いし、消費者目線ゼロだと思ってしまいます。 バイヤーだとかMDだとかと言う、かつても仕入れ方の社員も、いまでは女性もいるのですが、物が分かっているとは思えませ

需要喚起

カテゴリー:
中国から帰ってきて、中1日で再び東京に出て参りました。 今月は付け下げのお誂え会をいたします。 自分のお好きなお色目で、好きな柄で、予算内でお染しようという試みです。 過日色無地をお染いたしましたが、大変喜ばれております。 最近私もデパートなどでも上品な色目のものがほとんど無いというのが現実で、売り手、作り手の勉強不足も甚だしいというのが現実です。 この間も高級手描き友禅を主と

キモノはファッション

カテゴリー:
北川の倒産はある意味一つの暗示かもしれません。 私が大学卒業後修行に行って京都に戻った頃、確か当時で70億円ほどの売り上げがあって、高級呉服の製造卸業ではダントツの会社でしたし、センスも良く、実際よく売れていました。 それが直近の売り上げは1億円もないようです。 これには、この会社自身の問題もあって、詳しくは書きませんが、ただ高級フォーマル路線を歩いてきた道が極端に細くなってい

染の北川倒産

カテゴリー:
京染呉服製造卸業として、当社の同業でもあった北川が破産申請をしました。 私の若い頃は業界でもダントツの存在で、実際良い物を作っていましたが、今の経営者に交代してから、坂道を転がり落ちるように業績が悪化していきました。 まあ無能の極地のような男でしたので、いずれはこうしたことが起きるだろうとは予想していましたが、何よりだめだったのは、以前はオリジナルのものを悉皆屋に作らせていたの
5月27日(土)から30日(火)まで、銀座の時事通信ビルのホールで、日本紬織物フェスティバルが開催されます。 日本中の主たる織物産地の製品の展示販売会で、実演もあります。 ただどなたでも見るだけでもかまわないので。ご興味ある方は勉強にもなると思いますのでおいでいただければと思います。 もし買い求めたいという方が居られましたら、受付で結城の藤貫(ふじぬき)さんを呼び出していただい

いわゆる情報発信に思うこと

カテゴリー:
今の世の中では、あらゆる宣伝媒体を使ってPRすることが、特に物販業界では当然のことです。 高齢者でもスマホを持つ時代です。老いも若きもインターネットで何でも検索したりするのが常識であることは疑いがありません。 私が銀座に店を開設したのは2001年の2月でしたが、いきなり天から降ってきたようなお話で、ほとんど名の準備もないままにまさに徒手空拳でアンテナショップを開いたわけです。

何も変わらない

カテゴリー:
京都の帯のブローカー問屋が破産したというニュースが飛び込んできました。 かつて大変有名な帯の専門問屋が、バブルはじけた後の極めて放漫で、無策の経営の前にあえなく破産したのですが、その時の社員でデパート係だったものが、デパートに口座をもらい、織屋の協力を得て、ブローカー的な商いをしていました。 ほとんどメーカーからの借り物で商っていますし、相手はデパートで支払いも良いので、真面目

友禅生産統計 平成27年度

カテゴリー:
昨年の友禅生産統計が先ごろ発表されていますが、まあ単純組合統計だけに、必ずしも実態を完全把握しているとは言えませんが、傾向を知ることは出来ます。 これによると昨年の生産は、一昨年より9%強落ちており、総数でついに40万反を割り込みました。昭和46年が確かピークでその時の生産数は、1650万反くらいあったはずですので、ざっと2.2%強くらいまで落ち込んでしまいました。 とんでもな

待ったなし

カテゴリー:
過日ある西陣の織屋さん主人が、ツイッターで、後継者を募集するのに、無給でしか教えられないという現状をそのまま書いて投稿したが為に、西陣はブラック企業以下なのかと、多くの心無い批判コメントが来て、それに対して実情のわかる人の反論があったり、いわゆる炎上状態となりました。 あるテレビ局がそれを興味深く思ったのでしょう。 今の実態をもう少し調べたいと思って、まあ大体ネットで検索すると

振袖の見極め

カテゴリー:
最近振袖をお探しの方がおいでになるのですが、泰三の振袖の良さはよくご理解いただいても、少し値が張りますので、予算に合わなくて断念される方が多いのも確かです。 実際大体100万円まででお探しの方が多いのですが、泰三の振袖は世界に1枚キリの手作りですし、時間もかかりますので、どうしても高価なものとなってしまいます。 手描き友禅でも、本友禅、つまり糸目糊置きをしたものだと、柄の重
1  2  3  4  5  6

月別 アーカイブ