政治経済の話の最近のブログ記事

出でよ男

カテゴリー:
昨日APECの会場で、中国首脳とわずかな間会談(と言えるのか)をした様子が放映されていて、本当に情け無い思いをしたものです。 総理は書いてある紙を読んでいるだけですが、胡主席はじっと相手の目を見ているだけです。 まるで射すくめられた負け犬のようなもので、情けない姿でした。 この人はとても人の上に立つ器ではありません。器が小さすぎて無理があります。たかだか小さな単位の社会運動家が

政治より金

カテゴリー:
12月に久しぶりに中国に行きますが、大丈夫かと心配する人がいます。 上海では今回のことはほとんどニュースにもなっていませんし、そんなことを気にする人など皆無でしょう。 今上海には4万5千人もの日本人が住んでいます。世界中で一番日本人の住む街なのです。 また上海には本当に多くの日本企業が投資していますし、日本と事を起こせば、上海経済は大変な悪影響を受けるでしょう。 デモその他は、

33名の奇跡

カテゴリー:
チリの落盤事故で地中深く閉じ込められた33名が無事全員救出されたことを心よりお祝いします。 地下700メートルからの生還はまさに奇跡とも言える出来事ですが、この33名の人命にある意味世界中が協力したことも素晴らしいことだったと思います。 人命を尊重する思いは、まだこの地球も捨てたものではないと思いました。 自爆テロであっという間に数十名の人が殺したり殺されたりして、殺伐とした今

デパート苦戦続く

カテゴリー:
デパート業界は相変わらず減収が続き、コスト削減で何とか利益を確保しているところがほとんどのようですね。赤字のところもあります。 総じて高額品が不調とのこと。美術工芸高級呉服は相当なダウンということです。 ただこうしたものを買う人は当然ですがいわばお金持ちですから、お金のある人がお金を使わないということなのでしょう。 なぜでしょうか。これが今のデパートの経営者には分からないのです

日本人はお人好し

カテゴリー:
船長返したらそれでおしまいと思っていたら、とんでもない言いがかりをつけられて、政府は頭を抱えていますが、これは日本人政治家の無知から来ることです。 どうして中国人が日本人と同じ感覚でものを言ったり、行動したりすると思ってしまうのでしょうか。 同じ人間とはいえ、中国人は全く思考回路が日本人と違うのです。 そもそも尖閣列島のことは30年以上前に鄧小平の時にも持ち出されたと思うのです

道義的責任 謝らない男たち

カテゴリー:
振興銀行が破たんし、戦後初のペイオフが発動されました。 この銀行に金を預けていた人のことばかり取り上げられますが、この銀行から借りている人はどうなるのでしょうか。 急に返してくれと言われてはどうしようもありません。今後の動向は気になるところです。逮捕されたKとTが作った愚の骨頂のような金融マニュアルで、キモノ業界でも多くの業者が潰されましたが、今度もまたこのカスのような男のため

先手必勝

カテゴリー:
先日からの円高株安ははっきり言って早急に何とかしなければならないのですが、今の日銀はただのサラリーマン官僚で、迫力も何もなく、失敗を恐れるあまりに何もしないという男です。 だからこの間やっと一応の対策を発表しても、半日もその効果は持ちません。 世界から完全にこの男は馬鹿にされています。 かといって政府のほうも、これといった策を言わないし、実施しないから、相変わらずアメリカの景気

今日から単衣?

カテゴリー:
もう9月ですが、なんとセミが鳴いています。 私が今の家に越してから9月に蝉が鳴いていたというのは覚えがありません. ところが不思議なもので、夜になると秋の虫の音も聞こえます。 夏と秋が同居しています。 まさに異常気象です。 一応今日から単衣ですが、とんでもないですね。 夏物でさえ暑い今年なのに、当分着る気にもならないのですが、来週ちょっと正式なお茶会があるので、そういうわけにも

円高還元?

カテゴリー:
あっという間に盆休みも終り、昨日からまた仕事ですが、朝から猛烈な暑さです。 いつもの年なら、盆が過ぎたころになると、夜には秋の虫の音が聞こえ始めますが、今年に限ってはまさに盛夏のごとく、蝉の声がとても大きく、異常さを感じております。 先日は京都市内では例を見ないような大雨が降ったり、まあこれは世界中ですが、何事も現象が極端に振れています。 経済で言えば、日本の景気は決してよくな

真のグローバリゼーションとは

カテゴリー:
やっぱりサッカーが気になって寝不足です。 でも本当によくやったと彼らを称賛したいですね。 このことで特に思ったのですが、日本というところはみんなで頑張るというのがその特質なのだろうと思います。 特別のスタープレーヤーはほとんどいなくてもそれぞれが自分の持ち場を一所懸命務めることで、全体としてことを成すという、いわば「和をもって尊しとなす」という精神は現在も脈々と受け継がれ、日本
1  2

月別 アーカイブ