ひとりごとの最近のブログ記事

きものサローネ

カテゴリー:
10月20日(日)21日(月)22日(火)の3日間、昨年に引き続き今年もキモノサローネという催しが開催されます。 http://kimono-salone.com/seminar_blocks/index/00040/000002 今年は日本橋コレドと隣のYUITOの両方を使って、展示、即売。キモノショー、その他のパフォーマンスなど多彩な内容となっています。 まあ展示品も玉石混

銀座はまだ暗い

カテゴリー:
銀座の店でまだ夏休みを取っているところもあるようですが、何せいまだにやはりネオンサインなどの照明を減らしているせいもあって、何か薄暗く感じてしまいます。 おまけに今日は銀座三越がなんと休館で、すぐ近くの銀座コアも閉めていて、余計に暗く感じます。 昔はデパートに定休日があったのを今の若い人は知らないでしょうね。 バブルはじけて売り上げが下がって、営業時間を増やして、定休日を辞めて

後世をどう生きるか

カテゴリー:
昨日冥土の旅の一里塚をまた一つ過ぎ去りました。 その旅立ちまで平均的にあと20年ほどだそうです。 友人の中には仕事を辞めてしまったものも少なくありませんし、一般的にはもう若くはないのですが、キモノ業界での62歳などはまだまだ若いと言われます。 キモノ業界など非常に小さな業界では殆どが稼業ですし、後継者がいてもいつまでも店に出続けて、80歳過ぎても現役の人はかなり多いので、そうい

大地震

カテゴリー:
今日地下鉄有楽町線に一人で乗っていて、ちょうど麹町の駅に着いたところで、ドアが開いたときに、何かゆらゆらするなと思ったら、だんだんその幅が大きくなり、大騒ぎで列車から飛び出ましたが、まだ大きく揺れ続けているのです。 ただ直下型では無いとは思いましたが、一瞬最悪のことも脳裏をかすめました。 すぐに携帯のネットで見た人が宮城沖と言っていましたが、それにしてもこんな大きな地震にあった

地デジ対策完了

カテゴリー:
昨日京都の自宅の地デジ対策が完了しました。 1階だけは以前にしておいたのですが、2階もようやく対策を完了し、アナログの回線を切り離しました。 これで我が家に以前からあったテレビはデジタルチューナーなしでは見られません。 私共は東京と京都の二重生活をしておりますので、東京のほうも今月中に完了の予定です。 まあそういう意味でも結構なお金がかかってしまいました。 確かにデジタルのテレ

夢は叶うのではなく叶える

カテゴリー:
昨日友人と夕食を共にして、その後上七軒のお茶屋のホームバーに行ったのですが、 そこは置屋も兼ねていて、ちょど舞妓が帰ってきたらしく、我々の席についてくれました。 一人は高校を出てから、もう一人は中退して来たそうですが、驚いたのはそれまで京都に来たことがないというのです。 中退してきた子は、何と長崎県五島列島の福江島だというのです。(もう一人は千葉市) なぜ舞妓になりたかったかと

景気は少しは良くなっている?

カテゴリー:
先日日銀が、景気は踊り場を脱しつつあるというようなコメントを出していましたが、実際大手企業の収益は回復していますし、株も少し上がっています。 この間からのデパートの店外催事も比較的いい数字を出しているようですから、最悪期は過ぎたということかもしれません。 ただこれは東京の都心部だけのことではないかと思います。景気判断は相変わらず大きな企業の数字しか見ず、官僚は世間知らずですし、

道標をもつこと

カテゴリー:
私は銀座の店を10年は経営することを目標としていましたので、それが達成できて、また前に向かって歩き始めるわけですが、これから行く道に次々と道標を作ることは重要です。 直近のものもあれば、遠い先にも必要です。 これはどんな会社もとっても、あるいは個人としても大事なことです。 その目標に向かって努力するわけで、生き方に道標のない人は、結局うろうろするばかりで、行く道を失います。 長

やはりすごい日本人の団結力

カテゴリー:
昨日のサッカーの試合は、だらし無くも途中で寝てしまって、肝心のところを見ませんでしたが、ずっと押され気味だったのに、本当によく勝てたと思います。 ピンチをみんなで体を張って守ったことがよくわかります。 体格的にも劣っていたのが、本当にまさに団結力で手にした勝利でしょう。 何かにつけ、人の和の力で難局を突破するというのが日本の持つ特質ではないかと思います。 何かの目標に向かって、

通し矢

カテゴリー:
銀座も昨日は半端でなく風が冷たく、店の外に出ると震えます。 京都の自宅のほうは朝からまた積雪だったようで、本当に今年は例年よりはるかに寒い冬となっています。 ところで京都では恒例の通し矢が行われました。 1月半ばの成人の日の近い日曜日に、この通し矢が行われる通称三十三間堂の行事と併せておこなわれるのです。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%
1  2  3  4  5

月別 アーカイブ